婦人科関連一覧column

病院イメージ

婦人科関連一覧column

婦人科の検診について


婦人科の検診は子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなど女性特有の病気を早期に発見するために行われる検診です。 デリケートな部分であるため検診を受けるのをためらう女性も多いですが、女性特有の病気は自覚症状が少ないものが多く、気がついたら病気が進行していたということもあります。
特にがんは早期発見・早期治療が重要です。30…

卵巣腫瘍について


卵巣は女性特有の臓器の一つで、様々な腫瘍ができやすい臓器と言われています。 主にどのような腫瘍があるのか見ていきましょう。 良性腫瘍(卵巣のう腫) 卵巣のう腫とは、卵巣の中に脂肪や液体が溜まったやわらかい腫瘍のことです。腫瘍ができる原因ははっきりしていませんが、その大半は良性で、一定の大きさを越える腫瘍は摘出手術を行うのが一般的…

卵巣腫瘍のリスクが高い人とは?


女性特有の病気は様々なものが挙げられますが、その中の一つが「卵巣腫瘍(卵巣がん)」です。 卵巣腫瘍のリスクは、遺伝によって影響されます。家族の中で卵巣がんになった方がいる場合、そうでない人に比べて約3倍リスクが高まると言われています。 また、卵巣腫瘍は一生の排卵回数にも関係があります。未妊の方や初潮が早かった人、閉経が遅かった人な…

子宮筋腫と子宮肉腫の違い


子宮の腫瘍として、子宮筋腫と子宮肉腫が挙げられます。 どちらも子宮の腫瘍ではありますが、一番の大きな違いは良性か悪性かという点です。子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、命に関わることはないとされています。しかし、子宮肉腫は悪性の腫瘍であることから、そのままにしておくとリンパ節転移や肺転移などを引き起こす可能性がありますので早期発見による…

女性特有の病気「子宮ガン」について


女性だけの臓器である子宮は、骨盤に守られるようにして身体の下腹部に存在しています。 洋ナシを逆さにしたような形をしており、膣につながる部分は子宮頸部、出産まで赤ちゃんをとどめておく部分は子宮体部と呼ばれています。 子宮がんとは子宮内部に発生するがんのことですが、がんができる部分によって「子宮頸がん」「子宮体がん」と呼ばれ区別されていま…

低用量ピルの特徴


避妊方法にはいくつか種類があり、その一つとして低用量ピルが利用されています。ピルは経口避妊薬であり、避妊を目的とした飲み薬の通称です。日本では医師による処方が必要なので、実費診療によって利用できます。ピルにも様々な種類があり、その中でも低用量ピルは副作用を大幅に軽減できる安全性の高さが特徴です。 また、避妊効果による役割だけでなく、…

更年期障害で起こる肌トラブル


更年期障害は肌トラブルの原因にも!? 女性は40代・50代頃になると更年期障害で悩む方が多くなります。更年期に入る女性は、身体の変化に伴い肌トラブルを引き起こす方も少なくありません。例えば、美容成分の減少によるシワ・たるみ・くすみなどは、更年期障害によって起こるホルモンバランスの変化が原因なのです。 女性ホルモンが減少すること…

ページトップ