ホーム > 女性特有の病気「子宮がん」について

女性特有の病気「子宮がん」について

女性特有の病気「子宮がん」について

秋田市にある当院では、様々な婦人科健診と並行して、卵巣腫瘍検診や子宮がん検診も行っています。

こちらでは、女性であれば知っておきたい、「子宮がん」についてご紹介します。

女性の方へ知っていただきたい「子宮がん」のこと

女性だけの臓器である子宮は、骨盤に守られるようにして身体の下腹部に存在しています。洋ナシを逆さにしたような形をしており、膣につながる部分は子宮頸部、出産まで赤ちゃんをとどめておく部分は子宮体部と呼ばれています。

子宮がんとは子宮内部に発生するがんのことですが、がんができる部分によって「子宮頸がん」「子宮体がん」と呼ばれ区別されています。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮頸部の入口である外子宮口あたりに多く発生するがんです。

子宮頸がんのがん細胞はゆっくり増殖し、正常な細胞ががん細胞になるのに5~10年以上かかると言われています。そのため定期的な子宮がん検診を受けることで、早期発見・早期処置が可能になります。

子宮体がん

子宮体がんは子宮内膜に多く発生するがんで、子宮内膜がんとも呼ばれています。子宮内膜は生理の度に剥がれるため、閉経前に子宮体がんを発生することはほとんどありません。主に40代後半から発生する方が増え、発生率が最も高いのは50~60代、その後は減少傾向にあります。

子宮がんのセルフチェック

子宮がんのセルフチェック

子宮頸がん・子宮体がんどちらも初期段階では無症状で、痛みもありません。ただ、身体や分泌物に変化が現れるため、些細な変化や症状も見逃さないようにしましょう。

少しでも「変だな」と感じましたら、卵巣腫瘍検診や子宮がん検診を行う当院へご相談ください。

  • ・生理不順、不正出血などの異常が続いている
  • ・おりものの量が増えた、異臭がする
  • ・いつもは透明や白っぽいおりものが、褐色や黄色っぽい色をしている
  • ・背中や腰に神経痛のような痛みがある
  • ・下腹部に痛みや張りがある
  • ・排尿・排便時に違和感がある

秋田市にある当院では、卵巣腫瘍検診や子宮がん検診を行っており、女性特有の病気の早期発見・早期治療を目指します。他にも子宮筋腫更年期障害などの相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

あきたレディースクリニック安田