ホーム > 人工妊娠中絶に関する基礎知識

人工妊娠中絶に関する基礎知識

人工妊娠中絶ができる病院とは

人工妊娠中絶ができる病院とは

人工妊娠中絶手術は、どの産婦人科でも受けられるものではありません。母体保護法では中絶手術が行える医師を「母体保護法指定医」と定めています。

そのため、妊娠中絶手術を受けるのであれば、各都道府県の医師会が指定した母体保護法指定医のいる病院に行きましょう。

秋田市にある当院は、母体保護法指定医のいるクリニックですので安心してお任せいただけます。

人工妊娠中絶ができる時期とは

人工妊娠中絶手術ができる時期は、母体保護法という法律によって妊娠22週未満(妊娠21週と6日まで)と定められています。それ以降は母体にかかるリスクの大きさや倫理的な問題から、中絶手術は認められていません。

実際に人工妊娠中絶を行うのであれば、妊娠6~9週の初期中絶が母体にかかるリスクも低く、妥当な時期とされています。初産婦か経産婦かによっても少し違いますが、妊娠4~5週では子宮頸管が非常に硬く、中絶手術での子宮頸管拡張操作も極めて困難です。

一方、妊娠10週を過ぎると胎児もどんどん大きくなり、それに比例して中絶手術も難しく、母体への負担も大きくなっていきます。妊娠12週を過ぎると中期中絶手術となり、薬剤で人工的に陣痛を起こして流産させる方法が一般的です。

また、日本では12週を超えて中期中絶手術を行った場合、死産の届出が必要になるため、11週目までに手術を受ける方が多いです。

不妊の心配はあるのか

不妊の心配はあるのか

人工妊娠中絶手術によって「妊娠しにくくなるのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、中絶手術後に感染症になったり、子宮を傷つけて子宮穿刺や腹膜炎などを起こさなければ、そのような心配はほとんどありません。手術がスムーズに終われば子宮も元の状態に戻ります。

ただし、中絶手術の精神的なストレスからホルモンバランスが乱れると、卵巣機能に異常が出る可能性は否定できません。そのため、心身のケアをしっかり考えている産婦人科を選ぶことが重要となります。

秋田市にある当院では、より多くの女性が心身ともに健康な生活が送れるよう、納得のいく妊娠中絶手術・治療をご提供いたします。母体保護法指定医のいるクリニックですので、安心してご相談ください。

あきたレディースクリニック安田