生殖医療とは新しい医療を用いた不妊治療のことであり、治療を行うためには専門的な知識はもちろん高度な技術が必要です。一つは、体外受精・胚移植による未受精卵を体外に取り出して精子と共存させる治療法です。顕微授精は細い針を用いて卵子の中に精子を入れる治療法であり、凍結胚・融解移植は体外受精の際に得た胚を凍らせてとっておき、その胚を溶かして移植する治療法です。

こうした治療法はすべて生殖医療に分類され、必要な設備や技術によって人工的な妊娠を目指します。生殖医療を受けられるのは、これまでは先端的な医療が可能である大学病院などが主でしたが、技術が安定し、器具・試薬が一般化した近年では、専門のクリニックでも受けられるようになりました。当院では最新の機器を導入し、より良い医療を提供できるように努めています。