婦人科の検診は子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなど女性特有の病気を早期に発見するために行われる検診です。

デリケートな部分であるため検診を受けるのをためらう女性も多いですが、女性特有の病気は自覚症状が少ないものが多く、気がついたら病気が進行していたということもあります。
特にがんは早期発見・早期治療が重要です。30代を過ぎると子宮頸がんや乳がんの発症率も高くなるため年に1度は婦人科検診を受けることを強くおすすめします。

月経がいつもと違う、おりものが気になるといったちょっとした変化が病気のサインかもしれませんので、気になることがありましたらご相談ください。