避妊方法にはいくつか種類があり、その一つとして低用量ピルが利用されています。ピルは経口避妊薬であり、避妊を目的とした飲み薬の通称です。日本では医師による処方が必要なので、実費診療によって利用できます。ピルにも様々な種類があり、その中でも低用量ピルは副作用を大幅に軽減できる安全性の高さが特徴です。

また、避妊効果による役割だけでなく、生理痛の軽減や出血の減少にも役立てることができ、生理不順でお悩みの方にも利用される薬です。性感染症の予防を目的として一般的に利用されているコンドームと併用することで、避妊率を高めることができます。

低用量ピルは毎日服用することが大切であり、その働きを最大限活かすためには飲み忘れがないように習慣として飲み続ける必要があります。低用量ピルに関する詳しいご質問がある方はご相談ください。