女性は年齢に合わせて女性ホルモンの分泌が変化するため、身体の変化に伴い悩みや症状も変わります。ライフステージに合わせた変化に注目することで、どのような悩みが出やすいのか事前に把握・予防するとともに、心当たりがある方は早めのケアを目指しましょう。

思春期といわれる10代頃の女性は、成長に伴い女性ホルモンが増えていきます。その頃の悩みとして多くあげられるのが、月経不順・過度なダイエット・望まない妊娠などです。成熟期に入る20代から40代頃の女性は、乳がん・うつ・子宮関係の病気による悩みが多い傾向にあります。閉経がはじまる50代以降の女性は、更年期障害や尿もれなどの悩みが多くなるでしょう。適した治療や予防を目指すなら、専門である産婦人科に足をお運びください。

当院では産科として女性の心身を大切にする治療はもちろん、婦人科診療・婦人科検診・ワクチン摂取などに対応していて、ご相談に合わせた適切なアドバイスを行います。多くの女性が安心して生活できる状態を保てるようサポートさせていただきます。